トップ > 社会保険労務士の基本情報 > 社会保険労務士は独立しやすい?

-->

社会保険労務士は独立しやすい?

社会保険労務士の資格を取得したら、働き方は二通りに分かれます。
「開業(独立)社会保険労務士」と「勤務社会保険労務士」です。

「勤務社会保険労務士」とは、企業に勤める社会保険労務士のことです。
主に企業の人事に勤務し、社員の保険関係の手続き等をすることが多いようです。
こちらは、勤めている企業が存続する限り、働き口も収入も安泰ですね。
ただ、やはり保険書類の提出期限前等は、かなり業務が煩雑となるようです。

「開業(独立)社会保険労務士」は先ほども申し上げましたように、顧客を獲得する為に
自ら営業し、軌道に乗るまでには相当の努力を要します。

ですが、社会保険労務士は比較的開業しやすい資格であると言われています。
開業準備するものが、必要最低限のもの意外、殆んど要らないからです。
何故なら、社会保険労務士の仕事は「書類作成」や「コンサルティング業務」が主なので、
電話やFAX、パソコン等と営業に使う名刺やパンフレット等があれば始められる事が
多いようですね。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。
関連記事

社会保険労務士は人気の資格?

社会保険労務士の資格は人気の資格でしょうか? みなさんもうお分かりですよね? サ...

社会保険労務士の合格率は?

社会保険労務士の合格率は、10%に満ちません。 100人に8~9人しか合格しない...

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは、年に1度行われる国家試験「社会保険労務士試験」に合格し かつ...

社会保険労務士は独立しやすい?

社会保険労務士の資格を取得したら、働き方は二通りに分かれます。 「開業(独立)社...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

カテゴリー
サイト内検索