トップ > 社会保険労務士の基本情報 > 社会保険労務士とは

-->

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは、年に1度行われる国家試験「社会保険労務士試験」に合格し
かつ、2年以上の実務経験のある者(実務経験のない者には、別途通信教育が行われます)で、
全国社会保険労務士会連合会に備える「社会保険労務士名簿」に登録をした者です。

社会保険労務士は、労務・社会保険に関する法律の専門家です。
言い換えれば、私たちの生活に密着した法律の専門家なのです。

社会保険労務士の主な業務としては、大きく分けて3種類あります。
従来より独占業務として行われてきた
・雇用・労災・健康保険、厚生年金等の書類作成・提出業務や、労働紛争のあっせん代理(1号業務)。
・1号業務以外の書類(賃金台帳、労働者名簿等)作成業務。就業規則の策定等(2号業務)。

そしてこれから最も注目される業務が、
・年金問題の相談など、労務・人事全般にわたるコンサルタントとしての業務(3号業務)です。

この3号業務は社会保険労務士の資格がなくても、誰にでもできます。
ただ、企業・お客様の人生を左右する重要な業務ですから、やはり法律の専門知識を持っている
ことが条件となりますよね。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。
関連記事

社会保険労務士は人気の資格?

社会保険労務士の資格は人気の資格でしょうか? みなさんもうお分かりですよね? サ...

社会保険労務士の合格率は?

社会保険労務士の合格率は、10%に満ちません。 100人に8~9人しか合格しない...

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは、年に1度行われる国家試験「社会保険労務士試験」に合格し かつ...

社会保険労務士は独立しやすい?

社会保険労務士の資格を取得したら、働き方は二通りに分かれます。 「開業(独立)社...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

カテゴリー
サイト内検索