トップ > 社会保険労務士の基本情報 > 社会保険労務士の受験資格

-->

社会保険労務士の受験資格

社会保険労務士を受験するにあったって、いくつかの条件があります。
私個人としては、門戸を広げて誰にでも受験できるようにしたら良いのになあと思います。
資格試験の最難関である「司法試験」は誰でも受験できるのにね。

社会保険労務士の受験資格として、簡単なものを挙げてみましょう。

・学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者
・上記の大学(短期大学を除く。)において62単位以上を修得した者
・公務員として行政事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
・社会保険労務士・社会保険労務士法人又は弁護士・弁護士法人の業務の補助に従事した期間が
 通算して3年以上になる者
・司法試験第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者
・行政書士となる資格を有する者

等など、細かい規定があります。ここには簡単に挙げているだけですので、詳しくお知りになりたい方は
「社会保険労務士試験センター」のホームページに受験資格が記載されています。
ご参考になさってください。
 

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。
関連記事

社会保険労務士は人気の資格?

社会保険労務士の資格は人気の資格でしょうか? みなさんもうお分かりですよね? サ...

社会保険労務士の合格率は?

社会保険労務士の合格率は、10%に満ちません。 100人に8~9人しか合格しない...

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは、年に1度行われる国家試験「社会保険労務士試験」に合格し かつ...

社会保険労務士は独立しやすい?

社会保険労務士の資格を取得したら、働き方は二通りに分かれます。 「開業(独立)社...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

カテゴリー
サイト内検索