トップ > 資格取得までのスケジュール > やっと手にした合格証書

-->

やっと手にした合格証書

2006年8月、2回目の社会保険労務士の受験が終わりました。
2回目の社会保険労務士の受験を決意した時に
「3回目の受験はしない」と決めていたので、悔いは残らないように全力で2回目の試験に
臨みました。

ところが、私は午前中の「社会保険に関する一般常識」の選択式問題が全くわかりませんでした。
問題内容は、確か「健康保険制度」の沿革というか歴史みたいな問題だったと
記憶しています。

問題を読んだ時に、訳が分からなくて泣きそうになりましたが、何度も何度も繰り返し
問題文を読み、最後まで諦めずに慎重に選択肢を選びました。

これまで2年間も社会保険労務士の資格を取るために頑張ってきたのに、見たこともない所から
問題が出てくると、やるせない気持ちになります。でも条件はみんな同じですものね。

私は2回目の受験が終わった後も答えあわせをしませんでした。
回答に自信が無くて、答え合わせをする気持ちにもなれませんでした。

社会保険労務士試験の合否を知らせるハガキが届いてから初めて判ったのですが、
諦めなかった事が功を奏したのでしょうか。意外と点数が取れていたようで、
無事に社会保険労務士の試験に合格することができました!

この記事のカテゴリーは「資格取得までのスケジュール」です。
関連記事

やっと手にした合格証書

2006年8月、2回目の社会保険労務士の受験が終わりました。 2回目の社会保険労...

二回目の受験を決意

1回目の社会保険労務士試験に不合格となった私は、もう受験するのはイヤだと 思って...

社会保険労務士とファイナンシャルプランナー

社会保険労務士の入門講座が終わりに差し掛かる頃になって、私はやっと 「ファイナン...

社会保険労務士試験の当日

とうとうこの日がやってきました!社会保険労務士の試験の日です。 試験当日の心構え...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

カテゴリー
サイト内検索