トップ > 社会保険労務士取得後について > 事務指定講習って何?

-->

事務指定講習って何?

社会保険労務士試験に合格した後、社会保険労務士となる為の資格として
「労働社会保険諸法令事務について2年以上の実務経験が必要」とされています。

事務指定講習とは(正式には「労働社会保険諸法令関係事務指定講習」といいます。長ッ!)
社会保険労務士連合会が、厚生労働大臣の認定を受けて「2年以上の実務経験」に代わる
資格要件を満たすために実地するものです。

ですから「2年以上の実務経験」の無い者は、社会保険労務士になるためには
この事務指定講習を受けねばなりません。

平成18年度の事務指定講習の申し込み期間は
平成18年11月17日~平成18年12月7日(結構短いので申し込み忘れにご注意!)

受講料70,000円。くどいですけど高いですよね!!
資格は金で買うものなのか!?

文句を言っていても仕方がないので、この受講料を振り込みますと、
1月下旬に事務指定講習の「お勉強グッズ」が届きます。

なんか重い!!重たい!!
あんまり開けたくないので「お勉強グッズ」をしばらく放置しておりました。
文句ばっかりですね。私。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士取得後について」です。
関連記事

本当に転職が必要?

社会保険労務士試験に合格した後、「せっかく取得した資格を活かす為に転職しよう!」...

社会保険労務士試験に合格したらば

やった!やりました!!苦節○年(はたまた○ヶ月)。やっと社会保険労務士試験に合格...

社会保険労務士に合格して変わったこと

社会保険労務士の試験に合格してから、何が一番変わったか?と言うと、 私の精神的な...

事務指定講習の中味

事務指定講習は、2月1日~5月31日までの4ヶ月間の通信指導課程と、 7月~8月...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

カテゴリー
サイト内検索