トップ > 資格取得までのスケジュール > 入門講座から基本講座へ

-->

入門講座から基本講座へ

12月に入ると「社会保険労務士とはこんな法律を扱います」的な3人ぼっちの入門講座も終わり、
1つの法律を深く掘り下げて学習する「基本講座」が始まりました。

先生のおっしゃった通り「基本講座」に入ると、社会保険労務士を目指した沢山の
受講生がいました。

あまりの人数の違いに、最初は何処の席に座ったら良いのかも悩んだ位でした。
それと同時に50人程いるクラスを見渡して
「合格率から計算すると、この中から4人程しか合格できないのかぁ。負けられない!」
とも思いました。

基本講座の幕開けは「労働基準法」で、私にとっては割合理解し易い法律でしたので機嫌良く
授業を受けていたのですが、授業も進んで行き、3月~4月頃になると
「中弛み(なかだるみ)」が発生。

最初の「負けられない!」の意気込みは素晴らしかったのに、その意気込みは何処へやら。
何のために専門学校へ通っているの?社会保険労務士になる気あるの?
と言われても仕方ない位、顔見知りも増えてきて、和気アイアイの学校生活を送っていました。

この記事のカテゴリーは「資格取得までのスケジュール」です。
関連記事

やっと手にした合格証書

2006年8月、2回目の社会保険労務士の受験が終わりました。 2回目の社会保険労...

二回目の受験を決意

1回目の社会保険労務士試験に不合格となった私は、もう受験するのはイヤだと 思って...

社会保険労務士とファイナンシャルプランナー

社会保険労務士の入門講座が終わりに差し掛かる頃になって、私はやっと 「ファイナン...

社会保険労務士試験の当日

とうとうこの日がやってきました!社会保険労務士の試験の日です。 試験当日の心構え...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士の基本情報」です。

この記事のカテゴリーは「社会保険労務士受験の苦労話」です。

カテゴリー
サイト内検索